春の虫たち

5月も半ばになり、ようやく気温が20度を越す日がでてきました。

暖かな日差しに誘われて、ふゆみずたんぼの虫たちが元気に動き回っています。

オツネントンボ 畦に緑の葉が増えてきたので茶色のオツネントンボが見つけやすくなりました。

 

ミズスマシ 水面をすばやく泳ぎまわっています。モーターボートみたいです。

 

ヨツボシトンボ 羽化したてです。今年いちばんのりで成虫になった個体かも?

 

カテゴリー: たんぼの生きものたち |

GWは宝探し

GWのたんぼは毎年恒例お宝さがしゲームを開催中です!

田んぼハウスの展示も増えたのであそびに来てくださいね~

低温続きですが、4月末にまいたお米の種も少しは芽を出しましたよ

 

カテゴリー: イベントのお知らせ |

種まきのご案内

カテゴリー: イベントのお知らせ |

代かきしました

すっかり春ですね

えこりん村のふゆみずたんぼでは田植えに向けて施肥と荒代かきを行いました。

左が代かきをした田んぼ、右がこれから行う田んぼです。右の黄色っぽい粉が米ぬかでつくったぼかし肥料です。イトミミズが増えるかな~

カテゴリー: お米の一年 |

種まきにむけて

今年は雪解けが早く、すでに田んぼの氷も解けました。

今年のお米作りもボチボチはじめていまして、今日は種の選別を行いました。

塩水選

料理ではありません。水のように見えますが、実際には濃い塩水です。ちなみに水5ℓに約1.5kgほど入れて作った比重1.17の塩水です。

その中にモミを入れると、塩水に浮くものと沈むものに分かれます。

沈んだものは塩水よりも比重が重い、実のつまった良い「種もみ」になります。

選別した種もみは良く乾かして、次は4月中旬から種まき直前まで2種間ほど池の水につけると種まきの準備が整います。

■えこりん村ふゆみずたんぼの種まき体験■

開催日:4月28日(土)・29日(日)

   各日13:00~15:00*予約なし。随時参加可能

銀河庭園開園と同時です。園内への入場料のみで参加できます♪

カテゴリー: お米の一年 |

雪の下調査 その2

2月に行った雪の下の田んぼの生きもの調査

田んぼは氷でがちがちに凍っていましたが、雪を割ってその下の土の中を調べてみました。

おなじみイトミミズ

アブの幼虫かな?

生きものはいないかと思っていましたが、イトミミズやアブの幼虫、センチュウ、ヒルなんかが見つかりました。土の表面が凍っていても土の中は0℃以上のことが多いので、田んぼの生きものたちは雪の下でもへっちゃらみたいですね。

カテゴリー: お米の一年, たんぼの生きものたち |

雪の下調査

毎年恒例の雪の下調査を行いました

早朝気温は-10度以下でしたが、10時段階では晴れていて-5~7度くらいです。

さっそく掘ってみると・・氷が厚くてスコップでは歯が立たない!急きょハンマーとくいで割っていくことに。氷の厚さは5~14cmもありました。雪の下に氷がない場所はぶ厚い霜柱の層があり、その下は少し空洞があります。

土の温度は-2~+1.5度程度。土は指がささる程度の固さで湿っていますが、水がある様子はありません。

秋の長雨でふゆみずたんぼ(冬季湛水)になっていましたが、積雪が遅く水が凍りついてしまったようです。これから採取した土の中に生きものがいるか確認します。

 

 

 

 

カテゴリー: お米の一年 |

受賞しました

 

 

 

 

 

昨年末に

「未来へつなぐ!北国のいきもの守りたい賞」

をえこりん村ふゆみずたんぼの「トノサマガエルを捕まえろ!大作戦」が受賞しました。

環境道民会議ウィンターミーティング2018の生物多様性フォーラムのなかで受賞式が行われる予定です。

フォーラムでは五箇公一氏による基調講演行われます

↓ご興味のある方はコチラから↓

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/ksk/domink/winterm2018.htm

↓フォーラムチラシPDFのDL↓

チラシ(生物多様性保全フォーラム)

 

カテゴリー: たんぼの生きものたち, イベントのお知らせ, 外での活動 |

あけましておめでとうございます

     ■■■■■■■■      今年は戌(いぬ)    ■■■■■■■■

 

カテゴリー: お米の一年, たんぼphoto日記 |

お正月飾りを作ろう

カテゴリー: イベントのお知らせ |