播種(種まき)

今日は、いよいよ稲の種まき、「播種(はしゅ)」です。
060424播種.jpg
はしべ


従業員みんなで米づくりをしていきたいと思い、参加者を募りました。
あいにくの土砂降りの中、今日は種まきのために、社員30名が集まりました。
060424播種2.jpg
私たちが取り組む、「ふゆみずたんぼ」の意義について説明。
060424播種3.jpg
育苗ポットへの土の入れ方を実演。
060424播種4.jpg
いよいよ種まき。ポットの穴に正確に2粒ずつ、種をまいていきます。
間違えて入れすぎると厳しい突っ込みが入ります(うそ)。
060424播種5.jpg
ポット1枚に14×32=448個の穴があります。
今回はポット60枚に種をまきますので、448×60×2粒=53,760粒の種をまくことになります。
一人でやっていたら気が狂いそうなところですが、30人もいると、あっという間です。
1時間半くらいで終わりました。
たった1反の田んぼなのでこれくらいですみますが、
本職の農家さんの田んぼでしたら手まきは難しいでしょうね。
次は種をまいたポットを苗代に並べる作業。今回はプール育苗で苗を作ります。
育苗ハウスの苗代に培養土をしき、根切りネットをはった上にポットを並べていきます。
060424播種6.jpg
並べ終わったら、ふゆみずたんぼの米づくりについて説明。
060424播種7.jpg
最後に水を掛け、寒冷紗とシルバーシートをかけて終了です。
060424播種8.jpg
これから田植えまでの40日間の、苗作りの始まりです。
でも芽が出るまでこれまでの浸種、催芽がうまくできたのか分かりません。
果たして無事に芽は出てくれるのでしょうか?

カテゴリー: お米の一年, たんぼphoto日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。