生きもの調査!?(5)

昨日採取した土壌中の生きもののカウントです。
1日がかりでイトミミズなどを数えました。
はしべ


12月から1月にかけて、発見される生きもの種数、個体数とも減少傾向でした。
今月はさらに減るのかと思っていたのですが、予想に反して
どの農家の田んぼでも、1月より多くのイトミミズが発見されました。
発見個体数も概して増加傾向に転じました。
5月に調査を開始して以来(夏を含めても)最も多くのイトミミズが発見された田んぼもあれば、
これまでもイトミミズが多かった田んぼでは、10aあたり3175万匹のイトミミズが
発見されたりと、雪の下では不思議なことが起こっています。
なぜでしょう?
1月から2月にかけて増殖したのか、それともたまたま多いところを採取してしまったのか。
積雪の深さと何か関係あるのでしょうか。
070223イトミミズ.jpg
イトミミズが分かりますか?
ちなみに私たちの田んぼは、ついに雪の下で土がカチカチになってしまいました。
10月から目に見える生きものを発見していないこともあり、
土壌の採取はあきらめました。3月以降に期待です。

カテゴリー: たんぼの生きものたち, 外での活動   パーマリンク

コメントは受け付けていません。