頼れる味方?

田んぼの準備を一歩一歩進めています。
昨年の北海道でのチャレンジの1つの教訓として、
田んぼの水温を上げることが収量(特に茎数)に与える重要性が指摘されました。
昨年の私たちの田んぼは、まさにその失敗例といえるかもしれません。
ということで今年はいかに初期生育時に水温を上げるか、が大きなテーマとなっております。
今日はそのための1つの手段である、防風ネット張りを行いました。
070417ネット張り1.jpg
このあたりは、一年を通して南からの風が吹いています(南風といっても冷たい)。
昨年は6月の天候不順も相まって稲の生育が非常に悪く、7月の時点で風が水温に
与える影響が指摘されました。
しかしネットを張ることができたのは8月で、既に勝負が決まった後でした…
今年は今からネットを張って、何としても田植え前後の水温を上げます
(この他にもいろいろ考えてます)。
張り終わりました。
070417ネット張り2.jpg
果たして今年は稲の頼れる味方になってくれるでしょうか。
はしべ

カテゴリー: たんぼphoto日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。