播種(たねまき)

今年の稲の播種(はしゅ;種まき)、今日から始まりました。
去年は1日でまきましたが、今年はいろいろ品種をまくので3日間に分けて行います。
070421播種1.jpg
今日は、去年田んぼに来てくれたご家族の皆さん、従業員とその家族、
合わせて20名が種をまきにいらっしゃいました。
はしべ


今日まくのはメイン品種の「ななつぼし」「おぼろづき」の2品種です。
(3月22日に選別と消毒をしたもの)
育苗ポットの1つの穴に2粒ずつまいていただきました。
1枚のポットに448個の穴があるので、896粒まくことになります。
結構神経を使う作業ですが皆さんきちんと2粒ずつまいてくれました。
070421播種2.jpg
ポットに土を入れる作業が、意外に子供達に人気です。
争ってやってました。
070421播種3.jpg
みんなで土を入れ、種をまいた育苗ポットを、育苗するハウスに運んで、並べました。
みんなでまいたポットの前で記念撮影です。
070421播種4.jpg
この後、スタッフで試験用のポット(1粒まき、3粒まきなど)の播種をして、
水をやったあと、保温用のシートをかけて終了です。
070421播種5.jpg
これから約40日かけて、苗を育てていきます。
「苗半作」(稲づくりは苗づくりで半分決まる)ともいわれます。
特に有機栽培では「苗八作」(苗作りで8割決まる)ともいわれるので、
今年は去年以上に丈夫な苗を作りたいです。
田植えは6/2(土)の予定です。田植えの時にどんな姿の苗を見ることができるでしょうか。

カテゴリー: お米の一年, たんぼphoto日記, イベント報告   パーマリンク

コメントは受け付けていません。