育苗日記3

播種から9日がたち、
ななつぼしとおぼろづきは1枚目の葉っぱ(1葉)が開き始めました。
070430苗.jpg
1葉が開くと、苗箱の上にかけていた保温用のシートをはがし、
育苗ハウスに水を張り、少しずつ外気に慣らした丈夫な稲を育てます。


ところが、困ったこともあります。
いろいろな品種を試験的に栽培しているのですが、
品種によってはまったく芽を出してこないのです。
葉っぱが開いた苗は水を張りたいし、
芽が出ていない苗は保温用のシートをかけてまだ水につけたくない・・・
悩んだ末に、芽が出ていない苗のためにハウスの一部を仕切り、
そこに苗箱を移動する事にしました。
苗全景.jpg
まだまだこの子達は芽を出すのに時間がかかりそうです。
田植えに間に合うのか、
そもそも芽が出るのか心配はつきません。
苗作りの重要さを「苗半作」とか「苗八作」とか言うそうですが、
私はすでに息切れ状態です。
1日の半分以上を育苗ハウスで過ごしているあらきちより

カテゴリー: お米の一年   パーマリンク

コメントは受け付けていません。