草との戦い

田んぼを見にいらした皆さん(特に農家)によく聞かれるのが、
「草対策はどのようにしていますか」という質問です。
無農薬でお米を作る場合には、田んぼの雑草を抑えられるかどうかで、
お米の収量に大きく差が出ます。
お米の収量に影響を与える最大の要素といっても過言ではありません。
この田んぼのあった場所はもともと田んぼではなかったので、
そもそも田んぼの雑草の種が土の中にあまりないらしく、
雑草はあまり生えていません。
そのため、いらした方はどうやって草を抑えているのか不思議に思われるようです。
答えは「特に何もしていません」です。
それでも、昨年に比べると草が増えてきました。
ヒエです。
070719ヒエ01.jpg
こういうものは見つけたら手で取るようにしています。
10aの田んぼで大して生えていないので、比較的容易に取ることができます。
中には育苗の段階で種が混ざっていたようで、稲株といっしょに生えているものがいます。
このヒエは穂が出てしまいました。
070719ヒエ02.jpg
ヒエは姿を非常によく稲に似せていながら、稲より早く穂を出して種を落とし、
生き残ろうと必死です。
来年は真面目に草対策が必要かもしれません。
はしべ

カテゴリー: たんぼphoto日記, たんぼの生きものたち   パーマリンク

コメントは受け付けていません。