うまい!(かも?)

新米ができあがりました。
試食です。
はしべ


今年導入した脱穀機と籾すり機の試運転を兼ねて、
試しに籾すりまでしてみたななつぼしを試食しました。
まず玄米で食べてみました。
参考までに昨年産の玄米と比較しました。
これが炊き上がった玄米です。
071005試食玄米.jpg
まず昨年産とは色つやが違います。
最も違ったのはお米の甘味でしょうか。
次に精米(白米)を試食。
炊き上がりの色つやも期待できます(コシヒカリなどと比べて透明度が少し劣るのは
ななつぼしでは仕方のないところか?)。
071005試食精米.jpg
同じななつぼしなのに、昨年より粘りが増して、甘味もあり、非常にうまくなった!気がします。
このお米は、有機発酵肥料を入れて作った区画のお米です。
昨年はその区画のお米が一番おいしかったです。
今年はこの区画だけがなぜか、非常に穂揃いが良く、遅れ穂がなく、
一穂粒数も平均的にそろっていて多めで、青米が少なく、
収量、品質ともに期待しているのですが、この味は!期待に応えてくれたか?
しかしうまいのは籾すりしたて、精米したて、炊きたてと三拍子揃っているからかもしれません。
詳しくはこれからの調査データを待ちたいと思います。
でも今日は気分が良いです。
(きっと農家さんのお米と食べ比べるとまだまだと思い知らされるんだろうな。)
明日はこの場所の田植えをした子どもたちが、このお米を食べる予定です。

カテゴリー: お米の一年   パーマリンク

コメントは受け付けていません。