新米食べたぞ

子どもたちがやってきました。
071006こどもたち01.jpg
はしべ


「えこりん村の子どもたち」という、小学生対象の年間を通した農業、牧場等の
体験型プログラムを今年から実施しています。
田んぼを使ったプログラムは、6月の田植え以来です。
田植えはちょうど運動会と重なり、来られなかった子供もいるので、
初めて田んぼに来た子と、2回以上来ている子が半々くらいでした。
中には田植え、生きもの調査、稲刈り、そして今回と4回以上来ている子も。
今回のテーマは、「お米がごはんになるまで」としました。
6/2にこの子供たちが植えた稲は、今年の好天もあって予想以上に早く生育し、
9/19に稲刈りを迎えました。その後はざかけして乾燥させた、
正真正銘、この子たちが植えてくれた稲(ななつぼし)を使って、
お米づくり、八十八の手間のうちの、いくつかを体感していただこうというプログラムです。
おなじみ、籾の粒数当てクイズ。今回は「1粒の種もみから何粒の籾が実ったか?」
グループごとに予想し、6株(種もみ12粒)分のお米を数えてもらいました。
071006こどもたち02.jpg
次に数えてくれた種もみを、ごはんにするところまで手作業でやってもらいました。
まず脱穀(だっこく)。籾を穂から手作業で外します。
071006こどもたち03.jpg
籾を外したら次は籾すり。籾から玄米にします。
071006こどもたち04.jpg
最後に玄米をついて、精米するのですが、なかなか難しいようです。
071006こどもたち05.jpg
とにかく約1時間かけて約50人の手で、ご飯1杯分くらいのお米が用意できました。
さすがにこれだけでは足りないので、「文明の利器」で事前に精米し浸水しておいた
お米に混ぜて炊飯器に入れ、炊いていただきます。
お米が炊けるのを待つ間、昔の人の知恵を体感。
足踏み脱穀機による脱穀体験。手で1粒ずつ外していた籾が、あっという間に
外れていきます。
071006こどもたち06.jpg
外した籾は唐箕による選別も体験してもらいました。
そうこうしている間にさっきセットしたご飯が炊けて、いいにおいがしてきました。
炊けたご飯を、自分達でおにぎりにします。
味はごま塩だけで、お米自体の味をみてもらいます。
071006こどもたち07.jpg
できたおにぎりです。色の違うお米が少しだけ混じっているのが、
さっきみんなで穂から外して準備したお米です
(精米の度合いが低いので、まだ色がついています)。
071006こどもたち08.jpg
炊きたてのご飯で握ったおにぎりは非常においしかったようです。
スタッフからも「ここまでおいしいとは期待していなかった」とお褒めの言葉が
(半分以上プロの炊き方のおかげだと思いますが)。
従業員もまだほとんど食べていない、できたばかりの新米を炊き立てで食べられて、
かなりぜいたくなプログラムだったと思いますよ(自画自賛です)。
お昼が終わったら、ひとしきり遊び時間になりました。
めいめい、田んぼで生きものを探したり、足踏み脱穀機でさらに脱穀したり。
071006こどもたち09.jpg
また、田んぼのぬかるみにはまってみたり、
こちらの予想もしないような遊び方を見つけて遊んでいました。
あっという間の4時間でした。

カテゴリー: お米の一年, たんぼphoto日記, イベント報告   パーマリンク

コメントは受け付けていません。