生きもの調査、決死(2)

2月の農家の定期調査の2日目です。
朝出発時、恵庭は良い天気でした。しかし目的地の方向には雲が掛かっています。
案の定、北広島を過ぎたあたりから、雲行きが怪しくなってきました…
はしべ


南幌町の調査圃場に到着した頃には猛烈な地吹雪。
ほとんど障害物がないので昨日の当別並の悪天候ですが、とにかく調査をすることにしました。
最初の関門は、田んぼまでの農道が除雪されていないので車が入れず、
100mくらい歩いていかなければならないことです。
写真左側に田んぼがあるのですが、ほとんど見えません。
080214調査01.jpg
やっとの思いで田んぼに到着。積雪深、地温などを計って、土壌のサンプルを採取するのですが、
やっているうちに方向も分からなくなってきました。
周りに防風林などの目印がなければ、本当に遭難しそうです。
080214調査02.jpg
とにかく5箇所の調査を終え、車に戻り始めたのですが、
小一時間前に農道の雪の上に付けてきたはずの足跡が、吹雪のためもうかき消されています。
そのあと車がはまって抜け出すのに苦労したり、視界不良で玉突き事故の危険を感じながら
運転して恵庭に戻ると、うそのように晴れ渡っています。朝からずっと晴れているとのこと。
30kmくらいしか離れていないのにこの違いよう。今日は良く寝られそうです。

カテゴリー: 外での活動   パーマリンク

コメントは受け付けていません。