激しく進んでます

今年の北海道はあまり雨も降らず、雪も急速にとけ、異常というほど暖かい4月です。
そんな暖かな昼下がり、宮島沼にやってきました。
今日は宮島沼で今年から始まるふゆみずたんぼの、1回目のオーナー説明会です。
私達もラムサール湿地の保全活動に協力するため(という名目で)、1区画借りることにしました。
これが宮島沼のすぐそばで始まった、ふゆみずたんぼです。
080420宮島沼01.jpg
私達のたんぼの2倍以上の広さがあります。
冬から水入れに挑戦していたそうですが、最終的には4/18に代かきをして、
水がたまるようになったとのことです。
はしべ


ここを24区画に分け、24組のオーナーさんたちが1年間米づくり体験を行います。
今日は半分くらいのオーナーの方々がいらしたでしょうか。
ご夫婦、家族連れなどさまざまな人たちです。
080420宮島沼02.jpg
それぞれの区画をくじ引きで決め、即席で作った看板(即席とはいえ結構芸術的なものもある)を
刺して目印にしました。
いろいろな人たちがいて、楽しくなりそうです。田植えは6/7の予定です。
宮島沼は渡り前のマガンが終結してきており、5万羽ほどいるそうです。
沼には昼休みをしているマガンもたくさんおり、良いお天気の中、たんぼの周りを
飛ぶマガンたちも見られました(私のカメラではこの程度にしか写りませんが)。
080420宮島沼03.jpg
さて、宮島沼への行き帰り、2軒の農家さんのたんぼにお邪魔しました。
昨年11月に秋代かきをし、冬には雪中イトミミズなどさまざまな驚きを提供してくださった、
月形町、若槻さんのたんぼです。
080420若槻01.jpg
やっぱり今年は雪どけが早いそうです。水がなくなってきたので、一度たんぼを乾かすか、
水を継ぎ足すか、迷っているところとのことでした。
既にオツネントンボがやってきて昨年の稲株に産卵していました。マツモムシも見られました。
そして当別町の竹田さんのたんぼは、一旦たんぼを乾かし、
ちょうど今日から湛水を始めたところでした。
080420竹田01.jpg
盛大な通水式が開かれたのですが、運悪く間に合いませんでした。
通水式の模様は、ファームひなたんぼの「進め!ひろかず」のコーナーでご覧ください。
水の入ったたんぼには、ハクセキレイが訪れていました。
…というように、北海道の「ふゆみずたんぼ」、あちこちで激しく進行しております。

カテゴリー: 外での活動   パーマリンク

コメントは受け付けていません。