畦草刈り

田植えから約半月。
前回畦草を刈ってから約20日が経ちました。
畦草もぐん、と伸びてきて、イネ科雑草の穂も出てきました。
080617畦草.JPG
斑点米の原因になるカメムシを寄せ付けないために、畦草刈りをします。
はしべ


主にイネ科やカヤツリグサ科の草を中心に、畦周りは手刈りで、
水路の外側は刈払機を使って、刈っていきました。
あまりつるつるにしてしまうと、アマガエルなどのカエルが休める場所がなくなり、
畦周りにいづらくなります。
そこでクローバーなどは残しながら刈っています。
5月の畦はタンポポが満開(というか花はほぼタンポポだけ)でしたが、
今はいろいろな花が咲き始めています。
スカシタゴボウ(アブラナ科)。
080617スカシタゴボウ.JPG
コメツブウマゴヤシ?(マメ科。前日撮影)
080617コメツブウマゴヤシ0616撮影.JPG
ミヤコグサ(マメ科)。昨年も黄色い美しい花をつけて畦を楽しませてくれました。
080617ミヤコグサ.JPG
今は黄色い花が多いですね。
白い花の代表格はシロツメクサ(いわゆるクローバー)。
ミツバチがさかんに訪れています。
080617クローバーとミツバチ.JPG
1日で畦はすっきりとしました。こまめに管理すると出穂までにあと2,3回必要でしょうか。
この面積でも結構時間かかるんですからプロの有機農家は大変ですね。

カテゴリー: たんぼphoto日記, たんぼの生きものたち   パーマリンク

コメントは受け付けていません。