正解です!

北海道にしては蒸し暑い一日でした。
気温はそれほど高くはないのですが、とにかく湿度が高いです。
さて、田んぼに行くと、トンボの羽化殻があちらこちらの稲株に。
080714羽化殻.jpg
ちょうど羽化しているトンボは見当たらないのですが、頭の形から見ても、
赤とんぼの仲間の羽化殻のようです。
はしべ


そしてアキアカネが何匹か稲の葉にとまっています。
080714アキアカネ.jpg
羽根の先に模様がないのでノシメトンボやミヤマアカネではありません。
また顔に模様がないのでマユタテアカネでもありません。
アキアカネ以外の赤とんぼは見当たりません
(ウスバキトンボは飛んでいますが田んぼから羽化したとは考えにくい)。
ということで状況証拠から、羽化殻はアキアカネのものとみなし、
『「今年初めての羽化」は、田内(稲株)で羽化している個体を初めて確認した日、
 または羽化殻が稲株に ついているのを初めて確認した日、とします。』というルールにのっとり、
2008年のアキアカネの田んぼからの初めての羽化日は7/14となりました!
応募状況を見ますと、7/14と予想した方はいらっしゃいませんでした。
最も近いのは7/15と予想した方で、なんと4名もいらっしゃいました!
ということで当別町竹田さんのふゆみずたんぼ発芽玄米は、
7/15と予想した4名の方に贈られることになりました。おめでとうございます!
(それぞれ後日ご連絡さしあげます)
実際のところ今稲株についている羽化殻はおそらく昨日の7/13に羽化していたものと思われます。
7/13はスタッフ全員休みで確認できませんでした
(もっとも7/13に羽化を確認していたとしても賞品は7/15と予想した方のものになりましたが)。
今年は昨年と比べると生きものの立ち上がりが全体的に遅い気はしていましたが(昨年が早すぎ?)、
アキアカネの羽化も10日以上遅いという結果になりました。
しかし古い北海道の品種である「神力」の穂が出始めました。
080714神力.jpg
ほかの品種はいつ頃穂が出てくるでしょうか。
まだ止葉が出ていないのでしばらくかかるとは思いますが。

カテゴリー: お米の一年, たんぼphoto日記, たんぼの生きものたち   パーマリンク

コメントは受け付けていません。