種の準備1

4年目の米づくり、いよいよ開始です。
はしべ


1年間丈夫に育ち、立派にお米を実らせてもらうために、
はじめは、今年まく良い種選びから。
私たちは「塩水選(えんすいせん)」という方法で
実の詰まった良い種もみを選んでいます。
これは塩水に種もみをつけて浮かんでしまう軽い種もみを取り除き、
沈んだ重い種もみだけを選ぶという方法です。
私たちは更に、一般的な塩水選より重めの比重の塩水を作ってやっています。
沈むのは相当なエリート種もみです。
希望の比重の塩水を作るのに一苦労。
できた塩水に種もみをつけます。
090325塩水選1.jpg
厳しい選別のため半分以上の種もみは浮かんでしまうのです。
特に青い未熟な種もみは、この行程で間違いなく浮かんで取り除かれてしまいます
(この写真は浮かんだ種もみをほとんど取り除いた後のものです)。
これが選ばれた種(ななつぼし)。
090325塩水選2.jpg
今日はここまでで、選ばれた種もみは、一旦乾かした後、来週次の作業に入ります。
昔は塩水の代わりに泥水を使って選別するなどの方法もあったようです。
また、今の農家は、風の力やふるいの網目の大きさなどで種もみを選別することも多いようです。

カテゴリー: お米の一年   パーマリンク

コメントは受け付けていません。