たんぼまつり 4日目

たんぼまつり最終日。
本日の田植えを待つ朝の田んぼ。
4日間とも太陽が見られるなんて、過去4年間の戦績を考えると、奇跡のようです。
100530たんぼまつり01.jpg
本日も、田植えのデモンストレーションから。
コロで印をつけた後は、早乙女たちが苗を植えていきます。
100530たんぼまつり02.jpg
はしべ


本日もたっぷり田植え体験。
今日は親子で田んぼを楽しむ家族が多いようです
(田んぼに入るつもりがなかったのに、成り行きで入っちゃった方もいらしたような)。
100530たんぼまつり03.jpg
100530たんぼまつり05.jpg
小さい子でも、植え方を覚えると、きちんと印を見つけて自分で植えていく子もいますね。
こちらは水路を泳ぐ1匹のアマガエルに群がる子供たち。
子供は本当にカエルが好きです。
100530たんぼまつり04.jpg
お昼には、岩手県滝沢村の行事「ちゃぐちゃぐ馬コ」の衣装を着たミニチュアホース登場
(ちょっと重そうですが)。
100530たんぼまつり06.jpg
本家の「ちゃぐちゃぐ馬コ」は100頭ほどの馬がこのような衣装を着て、
蒼前神社から盛岡市の八幡宮まで練り歩くというものです。
もともと田植えに先立って、各戸の馬を引いて馬の守護神に
参るというところから始まったものでした。
ちゃぐちゃぐ馬コと記念撮影。
100530たんぼまつり07.jpg
そして午後の部。
100530たんぼまつり08.jpg
午後の部の最後は、ゆきひかりの苗を植えましたが、1年目から参加5年目の
”超”常連さんをはじめ、予約の倍ほどの参加があり、田んぼがぎゅうぎゅうに。
ありがたい悲鳴をあげています。
股の間から後ろ側を撮っているので、写真が上下逆です。
100530たんぼまつり09.jpg
2日間、約100名の皆さんと、予定の区画を、すべて植え終わりました。
最後はサナブリ。田植えの無事の終了をねぎらい、豊作を祈ります。
100530たんぼまつり10.jpg
最終回に参加の皆さんと記念撮影。
100530たんぼまつり11.jpg
皆さんおつかれさまでした。
稲が健康に育って、秋には良い実りがあるように、
これからも稲や田んぼの様子を見にいらしてください。
100530たんぼまつり12.jpg
国際生物多様性年にちなんで、田んぼのグリーンウェイブ参加活動として開催しました
今年のたんぼまつり、後半2日で確認した生きものは(見取りですが)、
イトミミズ、チスイビル
ミジンコ、カイミジンコ、ヒゲナガケンミジンコ
ボウフラ、ヌカカの幼虫
オツネントンボ、イトトンボの仲間のヤゴ、シオカラトンボのヤゴ
ヒメアメンボ、ケシカタビロアメンボの仲間
チビゲンゴロウ、ケシゲンゴロウ、ヒメゲンゴロウ、ゴマフガムシ
ニホンアマガエル
ヒバリ、アオジ、ハクセキレイ、マガモ

でした。

カテゴリー: お米の一年, たんぼphoto日記, たんぼの生きものたち, イベント報告   パーマリンク

コメントは受け付けていません。