正月飾り講習会

まもなく12月。今年も終わり新たな年を迎えます。               この時期になるとお店ではいろんな種類のお正月飾りが販売されていて目を楽しませてくれます。

さてこのお正月飾り、一般的にはしめ縄に飾りをつけたものを玄関などにかざりますが
どんな意味があるかご存知ですか?
お正月飾り(しめ縄飾り)は本来お正月に迎える年神さまをまつるものです。
年神様はそれぞれの家を守護する神様で、また田んぼの神様でもあります。
玄関等に飾るものを玉飾りと呼び、縁起物である紙垂(かみだれ)、橙(だいだい)、裏白(うらじろ:シダのこと)などの飾りをつけます。
ちなみに、12月の28日から1月15日の小正月まで飾るのが一般的で、
29日と31日に飾る事は縁起が悪い事だとか。
地域によっても異なりますが、意味を知って伝統が守れるといいですよね。

しめ縄飾りも最近はい草を使ったものが多いですが、本来は稲ワラをでつくります。
えこりん村のふゆみずたんぼでは秋に収穫した稲をはさで天日干しして、正月飾りを稲ワラで作っています。

講習会では様々な飾りを用意してお待ちしています。
気持ちを込めた自分だけのお正月飾りをつくりに来て下さいね。

カテゴリー: イベントのお知らせ   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>