稲、育っています

札幌市内、近郊のびっくりドンキー18店舗で、稲を育てています。私たちの田んぼに植えたのと同じ苗(ななつぼし)を提供して、お店の外に展示しています。

6月はじめに設置した頃は、

こんなかんじでしたが、7月には、実際の田んぼと同じように生長し、

草丈50cmくらい。カントリー調の制服に合っていますね。

8月には各店、穂が出てきました。


こちらのお店は茎の数も実際の田んぼ並みにあり、立派に育っていますね。

お店で配った苗をお持ち帰りの皆様の、ご自宅の稲の様子はいかがでしょうか?順調なら穂が出てきて、そろそろお米になってきているはずです。
9月中旬から下旬には収穫できると思いますが、そろそろ鳥にお米を食べられる心配をしないといけません。あるお店の例です。

防鳥ネットで防御しています。

1株の苗から何gの「もみ」がとれるでしょうか?最後まで大切に見守ってあげてください。

北海道以外でも稲を育てているお店があります。
秋田で2店(あきたこまちです)。

山形では米沢市内のお店で育っています(こちらはひとめぼれなど4品種)。

本州は、穂が出るのが北海道より遅いので、写真を撮ってもらった時点では穂が出ていませんが、もう穂が出ているでしょうか?
どちらも、そのお店で提供しているお米を生産している地元の皆様のご協力をいただき、設置させていただいています。
びっくりドンキーの生産者の皆さんの田んぼでも、そろそろ今年の稲が穂を出して、順調に育っていることでしょう。そんな様子を思い浮かべながら、お店の「ミニ田んぼ」をご覧ください。

はしべ

カテゴリー: お米の一年, 外での活動   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>