アキアカネが羽化しました

田んぼの代名詞ともいえる赤とんぼ

赤とんぼの代表格、アキアカネは田んぼにそった一生を送っています。春に田んぼに水が入ると卵が孵化したくさんのヤゴ(トンボの幼虫)が観察できます。夏にはヤゴが稲をのぼり、羽化を行い成虫になって大空に飛び立ちます。赤とんぼの羽化を確認すると毎年、夏がきたなぁと思います。

毎年、いつごろが羽化なのかと最初の羽化殻を探すのですが、なかなか見つかりません。あった!と思ってもどうもシオカラトンボの様子・・・今日は晴天、外で農作業をしていたらスタッフの頭にアキアカネが止まりました!早速ヤゴ殻の大捜索です

探すこと10分ほど・・・無事見つかりました!よく似ていますが、上の小さいほうがアキアカネ、下がシオカラトンボの羽化殻です。今日からしばらくは朝の田んぼでアキアカネの羽化が観察できそうです

*シオカラトンボはヤゴで越冬し、5月下旬ごろから羽化します

カテゴリー: たんぼの生きものたち   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>