月別アーカイブ: 1月 2007

第4回食・農・環境セミナー

2/24(土)開催の「ふゆみずたんぼ」に関するフォーラムのお知らせです。
昨年は吹雪の中約200名のご来場をいただきました。今年も多数のご来場をお待ちしております。
安全な食にも貢献する持続可能な農業のあり方を研究、紹介し、勉強の場を提供することを目的に1997年より活動を続けている創地農業21では、2005年より「ふゆみずたんぼ(冬期湛水水田)」をテーマとした「食・農・環境セミナー」を3回開催してきました。
ふゆみずたんぼは冬の田んぼに水を張ることでイトミミズ等生きものが活動する環境を整え、雑草や害虫を抑制し、安全で付加価値の高いお米を栽培できる農法として注目を集めています。昨年は北海道でも当別町や月形町でこの農法に取り組む農家が現れ、その可能性について一年間専門家を招いて検証を行ってまいりました。
今回のセミナーでは、①「ふゆみずたんぼ」に初めて取り組んだ北海道で見えてきた可能性を報告、②コウノトリの野生復帰を軸に、「環境創造型」の稲作を地域の活性化に結びつけ注目を集める先進地、兵庫県豊岡市の中貝市長の講演、③食と農業と環境の連携による地域づくりの可能性について、各分野のパネラーによるディスカッション、を特色としており、初めて札幌市内で開催いたします。
日時:平成19年2月24日(土)13:00~17:00
場所:ルネッサンスサッポロホテル 地下ボールルーム
(札幌市豊平区豊平4条1丁目1-1 地下鉄東西線 菊水駅下車9分)
詳しくは第4回食・農・環境セミナーチラシpdfをご参照ください
第4回食・農・環境セミナーチラシpdf
お知らせ:
セミナー会場では、今年北海道で作られた「ふゆみずたんぼ米」の試食と販売を予定しております。

続きを読む

カテゴリー: イベントのお知らせ |

訪問者

冬のたんぼには、こっそりと、見知らぬ訪問者がやってきているようです。
070122足跡.jpg
キツネか何かの足跡だと思われます。
夏は足跡が残らないだけで、夏もやってきているのかもしれませんね。
はしべ

カテゴリー: たんぼphoto日記, たんぼの生きものたち |

ちょっとお休み

私たちの大先輩、宮城県は大崎市(旧田尻町)、
ラムサール登録湿地のふゆみずたんぼの今日の様子です。
070114田尻.jpg
去年同じ時期に見にきたときは雪が積もっていましたが、今年は全くありません。
なんでも暮れに大雨が降ったときにこの地域一面「ふゆみずたんぼ」状態になって、
水鳥たちがねぐらを取ったそうです。
それにしても北海道の冬の田んぼとは全く違いますね。
今日はガン類のカウントをしていたのですが、あちこちでマガンやハクチョウの仲間が
田んぼに降りてエサ(落ち籾など)を食べたり休んだりしているのが見られました。
15人で手分けして、全部で3万羽くらいカウントしたそうです。
はしべ

カテゴリー: 外での活動 |

生きもの調査!?(3)

先月に続き、冬の田んぼの生きもの調査です。
070109調査1.jpg
先月、雪の下の田んぼでもイトミミズをはじめ生きものたちが見つかったことに
気を良くして今月も調査を行いました。
農家さんの田んぼの土を2日間かけて集めました。
写真は猛烈な地吹雪の中、必死の思いで土を取ろうとしているところです。
しかしこの後土を取り終わって車に戻ったら晴れてきました。
まったくどなたのせいだろう…
この冬は暖冬のため、雪があまり降っていません。
積雪も12月より浅くなっていて、一番雪深い田んぼでも50cm程度(先月は約80cm)でした。
恵庭に戻ってから私たちの田んぼの土も採取し、中の生きものをカウントしました。
070109調査2.jpg
今回もイトミミズをはじめ、ユスリカの幼虫、センチュウ、ヒル、ガガンボ幼虫などが
見つかりました。
しかし生きものの数、種類ともに先月より減ってきている農家が多いです。
来月はどうなっているでしょうか。
ちなみに私たちの田んぼからは、2ヶ月連続で何も見つかりませんでした…
はしべ

カテゴリー: たんぼphoto日記, たんぼの生きものたち, 外での活動 |

新年早々

一年間一緒に取り組んできた農家の皆さん、ご指導いただいている先生方、
そしてこの取り組みを取り巻く人たちが集まり、今年の活動について
打合せを行いました。
北海道で生物の多様性を活かした稲作技術を可能とするために、
今年の栽培のポイント、およびそれを検証する調査のポイントについて
議論しました。
070108ミーティング1.jpg
私たちの取り組みが持続可能なものとなるのか。まだ先はよく見えていませんが、
今年も皆さんと取り組んでいければうれしいです。
はしべ

続きを読む

カテゴリー: 外での活動 |

新年

新年の行事、もちつきがありました。
昨年はうるち米しか作らなかったので、もち米は私たちの田んぼのお米ではありません。
来年は自分たちで作ったもち米でもちつきもできればいいですね。
さて、会場の何箇所かに、写真のようなお飾りが飾られています。
070105お飾り.jpg
これは、昨年田んぼで取れた稲の稲わらを使って、年末に作ったものです。
(作ったのはわら縄の部分だけで、装飾は別の人たちがしてくれました。)
少しは日本の伝統行事に花を添えることができたでしょうか。
来年はもっと立派なお飾りも作れればいいな。
今日の田んぼです。
070105たんぼ.jpg
一度水は入れたものの、「ふゆみずたんぼ」と呼ぶにはちょっと…って感じですね。
これからどうするか、思案のしどころです。
地球温暖化のせいなのか、今年はなかなか寒くならず、雪も大して降っていません。
何がともあれ、今年もよろしくお願いします。
はしべ

カテゴリー: たんぼphoto日記 |