日別アーカイブ: 2008年7月28日

過ぎたるは…

今日の田んぼです。
080728たんぼ.jpg
手前左側が3年間有機物を投入していない田んぼ。
残りは有機発酵肥料などの有機物を施用しています。
有機発酵肥料施用区は、旺盛に生育しており、水面がほとんど見えません。
拡大するとこんな感じ。
080728Aななつぼし.jpg
写真では穂が見えませんが、出穂したものも増えてきました。
さぞかしたくさんお米が取れるのでしょうか…?
これまで2年間こんな経験をしていませんので、想像を超える領域に突入しています。
週末に稲葉先生が田んぼを見ていかれました。
曰く、「できすぎですね~」。
できすぎで何が悪いのか?簡単にいうと、体が大きくなりすぎたので、
・体を維持するためにたくさん栄養を使わなければならない(子孫を残す方に回せない)
・下の葉っぱは日光が当たらず、光合成(栄養の生産)をしないで消費する側に回ってしまう
そのため、籾に栄養が十分いかずに、くず籾が増えたりして収量が伸びないということのようです。
品種ごとに最も効率よく実を作れる籾数と葉っぱの面積の比率があるようです。
単純に多ければいいというものでもないんですね。
週末は道内で一緒に取り組んでいる農家さんの圃場の調査をしましたが、
皆さんほどほどの茎数で、草もほどほど抑えられており、収量もほどほど期待できる生育でした。
過ぎたるは及ばざるが如しといいますが、ほどほどというのは難しい。
簡単にはプロの農家のようにいかないです。
はしべ

カテゴリー: お米の一年, たんぼphoto日記 |