月別アーカイブ: 12月 2015

トノサマガエルの行方

夏に開催している「トノサマガエルを捕まえろ!大作戦」

毎年数千匹のカエルが捕獲されますが、駆除活動のため捕まえたカエルを逃がすわけにはいきません。スタッフは涙をのんで冷凍庫に入れているのですが、今年はそのカエルたちを埼玉県にある川の博物館さんに差し上げることになりました。飼育いているヘビのエサにするのだそうです。

さらに一部を博物館近隣の高校の授業で骨格標本作りに提供されたそうで、作られたうちの2本をいただくことができました!

旅に出ていた子供たちが帰った来たような複雑な気持ちです・・・

外来種はこまった生きものですが、もともとは連れてきた人間に責任があります。捕まえた後どうするのかも含めて、たくさん悩まないといけないですね。

 

埼玉県立 川の博物館 http://river-museum.jp/

カテゴリー: たんぼの生きものたち |

おうちでお米作りコンテスト

春にえこりん村ふゆみずたんぼとびっくりドンキーの一部店舗で配布した苗をご自宅でそだてていただきました。何件か育てている様子のお写真をいただいたのでご紹介します。

まずは田植えから1月ほどたった様子でしょうか?発砲スチロールで保護されたミニ田んぼの中でのびのびと稲が育っているようです。

同じく発砲スチロールで育てた様子。お米がしっかりできたようですね!子供たちが収穫。真剣です。ちょっと1つに植えすぎかな~

ご応募いただいた皆様ありがとうございました!

ちなみに一番とれたのは2番目のお写真のかたで、11gだったそうです。

えこりん村で私が育ててたのはこんな感じに。なかなかの豊作でした。お写真をご提供いただいたお客様には今年田んぼで取れたお米をほんの少しですがおすそ分けいたします☆ぜひご賞味くださいませ

 

 

カテゴリー: お米の一年, たんぼphoto日記, イベント報告 |

お正月飾りがずらり!

えこりん村では一部びっくりドンキー用のお正月をつくっています。その数約150個!ずらっと並んでいる姿はなかなかの迫力です。

お正月飾りにはやわらかい「赤毛」という品種を使用しています。この赤毛は歴史的に重要な稲の1つなので興味のある方は下記リンクに詳しいお話がありますよ。謹賀新年のよこに垂れている稲穂も赤毛です。名前の通り赤い毛のようなもの(のぎ)がモミについていて、とてもきれいな稲ですよ。

北海道の米づくりの歴史

http://www.aleph-inc.co.jp/fuyumizu/fuyumizu08.html

今週末と来週末はお正月飾りの講習会も開催します☆

カテゴリー: お米の一年, たんぼphoto日記 |

★お正月飾り講習会★

もーういーくつねーるーとーおしょうがつー

師走です。年末はクリスマスもあり大人も子供もそわそわする季節ですが、やはり日本人にとってはお正月が一大イベントですよね

そんなお正月に欠かせないのが玄関などにかざる「お正月飾り」

いつもは近くのホームセンターなどで買ってきますが、今年は手作りにチャレンジしてはどうでしょうか?

今回はえこりん村内に加えて、今年恵庭市の恵み野駅前に誕生した「フレスポ恵み野」の中にある「まちスポ恵み野」さんで開催します。

まちスポ恵み野(フレスポ恵み野本館とホーマックの間の美容室などがある並びの奥)

https://www.facebook.com/machispo.megumino/timeline?ref=page_internal

まちスポ恵み野はちょっと場所が分かりづらいかも・・

 

カテゴリー: イベントのお知らせ |